PTA進路学習会を開催しました

8月24日(水)午前9時30分から11時30分まで、本校図書室でPTA進路学習会を行いました。今年の3月に第1期生を社会に送り出したこともあり、第1期同窓生の保護者3名(谷内田さん、前田さん、澁木さん)を講師に招き、『高岡高等支援学校から企業就労をするための保護者への具体的なアドバイス』と題して、入学から就労決定までお子さんと共に歩まれた体験や就労後の様子等を語っていただきました。参加した27名の保護者は、メモを取りながら熱心に話に聞き入っていました。その後の学年別グループ懇談では、参加者からの給料やお金の管理、自動車免許取得、職場での人間関係等についての様々な質問に講師の方が1つ1つ丁寧に答えてくださり、2時間の会があっという間に終了しました。

参加した保護者からは、「リアルな話が聞けてよかった」「本人にやる気を起こさせるように親も努力したい」「毎年参加したい」「今後どんなふうに親として対応すべきかが分かった」「この先どうなるか分からないが、子供に寄り添って頑張りたいと今まで以上に強く思いました」などの感想が聞かれました。

 

 

 

 

 

 

同総会総会(レクリエーション)を開催しました

8月13日(土)に第1回同窓会総会(レクリエーション)を射水市の太閤山ランドで開催しました。仕事の都合等で欠席者が2名いましたが、参加した同窓生9名は皆元気な顔を見せてくれました。職員の参加は7名、総勢16名でBBQ(バーベキュー)を行いました。

齋藤会長の挨拶から始まり、下開副会長の乾杯の挨拶、それからBBQとなりました。BBQでは、率先して肉や焼きそばを焼いてくれたり、飲み物を注いでくれたりと、同窓生が頼もしく振る舞う姿が見られました。また、「ボーナスをもらった」「給料がいいので(会社に)満足している」「暑い中、大変だけど頑張っている」等の会話があちこちで弾み、会に盛り上がりを見せていました。BBQの後は、芝生広場でフライングディスクや野球などをして過ごしました。「やっぱりBBQやってよかった」「みんなと会えてうれしかった」などの感想も聞かれ、「今度会う時まで、仕事を頑張りましょう」と齋藤会長の挨拶で会が締めくくられました。途中、第16回全国障害者スポーツ大会フライングディスク競技に出場する西部選手のミニ壮行会が行われ、皆の「頑張って」のエールに応えて、力強く「頑張ります」と挨拶してくれました。

IMG_0152 DSCN3294

image2 image1

 

全国高等学校家庭科技術検定

8月10日(水)全国高等学校家庭科食物調理技術検定(4級)と全国高等学校家庭科被服製作技術検定(4級)を実施しました。

この技術検定の実施は、本校では初めての取組で、3年生は食物調理、2年生は被服製作と、学年に分けて実施しました。3年生は5名、2年生は4名の生徒が申込み、学校では夏季休業中に数回補習に取組みました。家庭の協力を得て自宅でも実技練習を重ね、検定に臨みました。

3年生が受検する食物調理では、実技問題と筆記問題があり、検定直前まで実技の練習や受検の手引きを確認する姿が見られました。生徒の中から、「昨日は緊張してよく眠れなかった」、「今日は今までの練習の成果を全部出し切る」と言った言葉が聞かれました。

IMG_0121

 

 

 

 

 

 

2年生が受検する被服製作は実技問題のみで、「家でたくさん練習してきました」や「時間内にできるよう頑張ります」と意欲を聞くことができました。

IMG_0131

 

 

 

 

 

 

技術検定の受検を前向きに捉え、合格を目指して練習を積み重ねることで、野菜を切る速度や正確な計量、裁縫の腕前がとても上達しました。各々が努力した過程が大切な経験になるのだと実感しました。

運動部校外交流練習

7月26日(火)に、富山市大沢野陸上競技場とアイザックスポーツドームにて、陸上部、サッカー部、卓球部の校外交流練習を行いました。

陸上部は、富山高等支援学校、しらとり支援学校と交流を行いました。ウォーミングアップは本校の生徒がリーダーとなって行い、皆の見本となりました。

100mのタイムトライアルでは、全国障がい者スポーツ大会に参加する生徒と一緒に走ることができ、離されないように必死に走る姿が見られました。

4×100mリレーでは1回目に各校の選抜メンバー、2回目に全員参加の混合チームで行い、走順の確認やバトンの確認など生徒同士でコミュニケーションを取っている姿が多く見られました。

卓球部は富山高等支援学校としらとり支援学校と交流を行いました。

前半は一緒にウォーミングアップと基礎練習を、後半は試合形式での練習を行いました。生徒はいつもと違う雰囲気に戸惑い緊張していましたが、根気強く球を打ち返したり、スマッシュを決めたりするなど白熱した試合が繰り広げられました。交流後には緊張もほぐれ声を掛け合いコミュニケーションを取る場面も見られました。「負けたので悔しかったがとても楽しかった」「もっと試合をしたかった」と感想を口にしていました。

サッカー部は富山高等支援学校、しらとり支援学校、富山第一高校とBLUE WINGと交流を行いました。

前半は富山第一高校の男子サッカー部監督、大塚先生の指導のもと、サッカークリニックを行いました。ボールを手で弾ませたり相手に渡したりするゲームを通して、いろいろな学校の生徒と触れ合い、緊張を和らげました。

後半は6チームに分かれて、7分間×5試合の交流試合を行いました。普段の部活動で練習した技を発揮しながら、どの生徒も生き生きとプレーし、とても良い汗をかいていました。

また、富山第一高校からは男子サッカー部30名、女子サッカー部20名の参加がありました。サッカークリニックや交流試合でうまくリードしてくれたほか、本校の生徒にハイタッチなどを求めるなど積極的に関わっている姿がとても印象的でした。

参加した本校の生徒からは、「とても楽しかった」「交流会はまたやって欲しい」などの感想が聞かれ、非常に有意義な部活動交流となりました。

 

P1000562

IMG_0055

IMG_0598

 

 

 

 

 

 

オープンスクール

8月2日(火)に中学3年生(以下、体験生とする)を対象とした『オープンスクール』を開催しました。参加者は生徒21名、保護者・教員28名でした。

体験生は、全体会で学校概要説明を聞いた後、本校2年生の作業学習の様子を見学しました。それから、受注班(パソコンのリサイクル)、食品加工班(ブルーベリーパン作り)、環境班(ウインドスクイジーによる窓清掃、自在ほうきによる床清掃)、流通・福祉班(段ボールの組立て、文書の三つ折り・封入れ・仕分け)の4つの作業班に分かれて体験をしました。難しいことや手順に戸惑ったときなどに、本校生徒に質問する様子がみられました。体験生のアンケートでは、「(パンを)うまく作れて良かったです」や「パソコンの分解が楽しかった」、「進路の参考になった」などの感想が寄せられ、本校で行っている学習の一部を体験することで作業学習について理解を深めてもらえたのではないかと思います。

IMG_0101

(食品加工班:白衣着用の様子)

 

 

 

 

 

懇談会では、体験生の保護者や先生方からたくさんの質問が寄せられました。通学に関すること、作業班の分け方、部活動、療育手帳の申請、入学検査等についてお答えしました。保護者のアンケート結果からも、満足していただけたように思われました。

IMG_0008

(懇談会の様子)

 

 

 

 

 

体験生を迎えるに当たり、本校の2年生が前日から校内清掃や作業学習の準備等を行い、当日は駐車場での誘導や受付、座席案内、作業学習の説明を担当しました。また、各作業班では、体験生に作業手順を説明したり、見本を見せたりしました。細かい作業や複雑な工程がある場面では、体験生の側に付いて手ほどきをしました。体験生の困り感に気付いて手伝う姿もみられ、先輩としての頼もしさを見ることができました。

IMG_0111

(流通・福祉班:文書の三つ折り作業の様子)

 

 

 

 

 

 

 

 

WordPress Themes