流通・福祉班「外部講師による授業」

9月26日(火)に流通・福祉班の2・3年生を対象に「外部講師による授業」を行いました。

講師として高岡市社会福祉協議会ホームヘルパーステーションの山岸由美子さんと中田依里さんにご来校いただき、食事介助と水分補給介助について学びました。

生徒たちは、利用者の方が使いやすいように工夫された食器や介護用スプーンを実際に触り、感心していました。食事介助では、ペアを組んで利用者役と介助者役の両方を体験し、とろみのついたお茶やゼリーの試食をさせていただきました。「利用者さんそれぞれに合わせて、介助の方法を工夫することが大切だと分かりました。」「今回学んだことを次の就業体験に生かしたいです。」といった感想が聞かれました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

障害者スポーツ大会(フライングディスク競技会)

9月24日(日)晴天の下、富山県障害者スポーツ大会(フライングディスク競技会)が行われ、9名の生徒が参加しました。

結果は、体育大会や体育の授業で経験を積み重ねたこともあり、アキュラシーやディスタンスの競技で4名の生徒が1位を獲得し、2位,3位入賞、敢闘賞受賞と多くの生徒が健闘しました。アキュラシー競技では、10投中10投通過する生徒、ディスタンス競技では、40m以上投げた生徒もいました。

自分の競技だけでなく、応援にも力が入り、大いに盛り上がった大会になりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

流通・福祉班 「校外作業学習」

9月22日(金)に1年生の流通・福祉班6名が、「特別養護老人ホーム 二上万葉苑」において校外作業学習を行いました。

二上万葉苑では2グループに分かれ、それぞれ異なるフロアの車椅子を清掃しました。実際に使われている車椅子を清掃するのは初めてで、最初は汚れを落とすのに苦労していましたが、少しずつきれいになっていくと「利用者の方のためにもっとピカピカにしたい」、「時間ギリギリまできれいにする」と意欲的に作業に取り組んでいました。また、清掃だけでなく施設の方への挨拶でも、学習の成果を生かすことができました。

普段の学校での学習と違い、実際に誰かのために働くという経験をすることができ、流通・福祉班として大変に意味のある学習になりました。

外部講師による授業「エアロビクス」

9月22日(金)の5限・6限、3学年「保健体育」の授業で、スポーツドームエアーズの橋本康朗さんを講師に招き、「エアロビクス」を行いました。

まず、基本的なステップの練習で体を軽く動かしてから、音楽を流してエアロビクスに挑戦しました。

講師の動きを見ながら、音楽に合わせて前後左右に体を動かし、45分間みっちりとエアロビクスに取り組みました。様々なステップや面白い振り付けを交えた45分間はあっという間で、生徒たちは真剣に、また楽しそうに体を動かしていました。

生徒からは「疲れたけど楽しかった」、「また機会があればやりたい」などの感想が聞かれました。

校外作業学習

9月19日(火)に流通・福祉班の2、3年生8名が二上あいの風において校外作業学習を行いました。

二上あいの風では、前半は2つの部屋に分かれて体操や利用者さんとの個別レクリエーション、後半は全体でレクリエーションをさせていただきました。生徒たちは、利用者さん一人一人とコミュニケーションをとったり、この日に向けて準備してきたゲームや歌を利用者の方の前で生き生きと発表したりしていました。生徒からは、「利用者の方も一緒に歌ってもらえて嬉しかった」「次回はもっと伝わる声で発表したい」などの感想が聞かれました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

薬物乱用防止教室 1年生

9月20日(水)3限に1年生を対象に富山県高岡警察署生活安全課少年警察補導員の青山泰司さんをお招きして、薬物乱用防止教室を行いました。

DVD「ドラッグの悲劇」を視聴し、青山さんからは薬物の害や薬物乱用者の実際の話を聞きました。

「これくらいならいいだろうという甘い考え方が、将来人間を犯罪者にしてしまう」「ダメなことはダメと言える強い心を持ち、自分を守り他人のことを傷つけず、当たり前のことができる人間になって欲しい」と言われた言葉が印象的でした。

薬物乱用防止パネルの説明を受け、放課後まで掲示されたパネルで振り返りをしました。

生徒からは「薬物の乱用は自分の未来を失ってしまう恐ろしいものなので絶対にしない」「1回でも使用すれば元の生活には戻れなくなるので強い心をもちたい」などの感想が聞かれました。

今回の薬物乱用防止教室で学んだことを今後も継続して指導していきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

流通・福祉班 校外作業学習(パンの販売)

9月20日(水)流通サービス班と食品加工班の3年生3名で、氷見市にあるケアハウス万葉の杜へパンの販売に行ってきました。皆さん心待ちにしてくださっていて、販売用の看板まで準備していただきました。この日は、かぼちゃパンとピザパン、学校で収穫したブルーベリーを使ったブ ルーベリーパンを販売しました。

 

 

 

 

 

 

お客様からは、「待ってたよ。」「どれも美味しそう。」「来てくれてありがとう。」と温かい言葉をたくさんかけていただきました。参加した生徒は、かぼちゃあん等の材料を校内で作っていることやパンの値段について、お客様が聞き取りやすいよう大きな声で伝えたり、車椅子のお客様のそばまで行ってパンを手渡ししたりするなど、これまで学習したことを生かしながら販売活動ができました。これからも校内で学んだことが校外作業学習や就業体験先で発揮できるよう、頑張ってほしいと思います。

3学年職場見学旅行

3年生21名は、9月6日(水)~8日(金)2泊3日の日程で、東京・千葉方面へ職場見学旅行に行ってきました。1日目は、大東コーポレートサービス株式会社を訪問し、社員全員が自分の仕事に責任をもち、協力して働く姿を見学しました。夕方からは、東京ディズニーシーで世界トップレベルの接客サービスを見学、体験しながら楽しみました。

2日目は、国会議事堂を見学しました。議員食堂での昼食後、四季劇場でミュージカル「ライオンキング」を鑑賞しました。その後は、東京スカイツリーを見学しました。あいにくの天候でしたが、記念写真を撮ったり、購入したお土産を見せ合ったりして楽しんだ後、ホテルに戻りました。

3日目は、JR大崎駅から電車で移動し、「株式会社JR東日本テクノハート TESSEI」を訪問しました。ここでは、新幹線の車内清掃等の説明を聞いたり、専用の道具を使った清掃の様子を見学しました。見学後は、1組は池袋方面、2組は秋葉原方面、3組は渋谷方面へと向かい、事前に計画したコースを見学しました。活動後は東京駅で合流し、TESSEIの社員が手際良く車両清掃する姿を見学した後、新高岡駅へ帰路に着きました。

職場見学旅行では、2社の企業で会社概要や働くことの意義、就職に向けて身に付けてほしい力についてお話を伺いました。国会議事堂等の見学先では、普段は見ることのできない施設やそこで働く人の姿を目にして、様々な施設や職業が自分たちの暮らしを支えていることを実感できました。生徒からは「皆、仕事に責任と誇りをもっていると思った。」「どの方も笑顔で優しく挨拶してくださった。」「(ディズニーシーや新幹線の清掃の様子を見て)、感謝して利用したい。」「就職してお金を貯めて、また東京に行きたい。」といった感想が聞かれました。友達と過ごした時間、東京ならではの景色や体験は、学校生活のよい思い出になったようです。

教科学習「職業」外部講師による授業「ビジネスマナー講座」

9月28日(木)から始まる1学年の第1回トライアル就業体験に向け、9月11日(月)に、「会社で役立つビジネスマナー」のテーマで富山県議会議員・株式会社ランプット代表取締役の平木柳太郎さんに授業をしていただきました。

「学校」と「会社」の違いや「会社」で働く目的、「会社」で働くためのチェックポイント、挨拶するときのポイント、仕事中に使うべき言葉などについて、分かりやすく教えていただきました。

「働くというのは、人のために動くということで、誰かの役に立つために働く」ということやメモをとる習慣を身に付けるために、「分かっていることでもメモをする」ことが大切であることなど教えていただきました。

生徒からは、「『面接は試験ではなく、コミュニケーションの時間だ。』ということが印象に残った。」「講座を受けて、今より成長しなければいけないことが分かり、就職するためには大切なことがいっぱいあると感じました。」などの感想が聞かれました。生徒たちには平木先生の講義を聞いて、気付きがたくさんあったようです。

今回学んだことを生かして、トライアル就業体験では、有意義な5日間を過ごしてきてほしいと思います。

 

 

学校公開のお知らせ

9月13日(水)、9月14日(木)に学校公開を行います。

詳しくは下のファイルをご覧ください

学校公開日について

WordPress Themes