PTA進路委員会ミニだより

PTA進路委員会ミニだより「PTA進路学習会」をUPしました。

PTA進路学習会

障害者スポーツ大会(フライングディスク競技会)

9月24日(月)富山県障害者スポーツ大会(フライングディスク競技会)が行われ、10名の生徒が参加しました。

体育大会や体育の授業で経験を積み重ねたこともあり、アキュラシーやディスタンスの競技で4名の生徒が1位を獲得し、2位,3位入賞、敢闘賞受賞と多くの生徒が健闘しました。アキュラシー競技では、昨年の記録を更新した生徒、ディスタンス競技では、40m以上投げた生徒もいました。

自主的に練習に取り組む姿や、競技中の生徒を応援する姿が見られました。緊張しながらも、達成感で一杯の大会になりました。

 

   

 

 

 

 

薬物乱用防止教室(1年生)

9月19日(水)5・6限に1年生を対象に富山県高岡警察署生活安全課少年警察補導員の中西正美さんをお招きして、薬物乱用防止教室を行いました。

DVD「ドラッグの勧誘と手口」を視聴し、中西さんからは薬物についての正しい知識と対応についての話を聞きました。勧誘の手口はどのように近づいてくるか、どうやって断るかをロールプレイも交えて学びました。

「薬物は脳を傷つけ一度傷がつくと元には戻らない。自分の意志の強さとは関係なく脳が覚えているので一度でも薬物を使用すると一生薬物にとりつかれる。医者、家族が出してくれた薬以外は絶対に口に入れない。」と言われた言葉が印象的でした。

生徒からは「一度でも薬物に手を出したら、取り返しのつかない事になるということが改めて分かった。」「薬物を勧めらても、いらない!とはっきりと断りその場から立ち去ることが大事だということが分かりました。」などの感想が聞かれました。

今回の薬物乱用防止教室で学んだことを、今後も継続して指導していきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1学年 職場見学

9月4日(火)は台風の通過に伴い、計画を縮小して実施することになりました。ヤマト運輸株式会社では、物流のネットワークシステムの仕組が分かるDVDを鑑賞したり、企業内の見学をしたりしました。物流が日常生活に果たす役割の大切さが分かり、クール宅急便などは商品を傷めずにいかに工夫して各家庭に届けられているのかが実感できました。アルビスクリーンサポート株式会社では、お客様から寄せられたペットボトルや空き缶の分別作業、52店舗で使用するタオルやかごの洗浄作業等を見学しました。質問タイムでは、生徒の「仕事のやりがいは何ですか」の問いに、卒業生が「お客さんや業者さんから『ありがとう』と感謝されると、うれしくなり、やってよかったと思う。その充実感を味わうことです」と答えてくれました。答えてくれた社会人2年目の卒業生の顔はどこか自信に満ちていました。9月6日(木)は特別養護老人ホーム二上万葉苑の見学を行い、社会人3年目の卒業生の働く姿を間近に見せてもらいました。「利用者さんが元気がないときはどうしますか」の質問に「笑って、元気をあげる」「私も利用者さんの笑顔から元気をもらっている」と答えてくれ、改めて働く喜びを教えてもらいました。今回の職場見学を通して会社の方や先輩から働くうえで大切なことを教わり、自分たちの進路を考える良い機会となりました。ご協力いただいた企業の皆さま、ありがとうございました。


  

 

 

 

 

流通・福祉班 外部講師による授業

9月11日(火)に流通・福祉班の2・3年生を対象に「外部講師による授業」を行いました。

講師として高岡市社会福祉協議会ホームヘルパーステーションの中村泰子さん、坂井和代さん、中田依里さんにご来校いただき、レクリエーション活動について教えていただきました。

生徒たちは、7月に高齢者施設で行ったレクリエーションを発表し、講師の方からアドバイスをいただき、熱心にメモしていました。また、講師の方から「都道府県ビンゴ」というレクリエーションを教えていただき、実際に体験して、介助者と利用者が一緒になって楽しむことの大切さを実感することができました。生徒からは、「レクリエーションをする時のポイントを分かりやすく教えていただき、勉強になりました。」「今回学んだことを今後の作業学習や就業体験に生かしたいです。」といった感想が聞かれました。

  

 

 

環境班 校外作業学習「地域清掃」

環境班が、9月18日(火)に今年度7回目の地域清掃に出掛けました。

今回は、学校の近くにある西海老坂公民館から床洗浄とワックス掛けの依頼があり、ポリッシャー等の大型機材を運び込んで作業を行いました。

洗浄作業やワックス掛け作業では、これまで身に付けた技術を生かして効率よく丁寧に行い、美しく仕上げることができました。

作業した生徒は、「床や壁などを傷つけないように注意しました。」「ピカピカにできてうれしいです。」などの感想が聞かれました。また自治会の方から直接「きれいにしてくれてありがとう!」という言葉をいただき、やりがいを感じているようでした。

環境班では、今後も校外の施設に出掛けて清掃を行い、状況に応じた作業をする経験を積むことにしています。

エアロビクス体験(1年生)

9月11日(火)の5限・6限、1学年「保健体育」の授業で、スポーツドームエアーズの橋本康朗さんを講師に招き、「エアロビクス」を行いました。

ストレッチで身体をほぐしてから「踊るポンポコリン」の曲に合わせた振付でエアロビクスダンスをしました。参加した生徒からは「最初は恥ずかしかったけど、だんだん心も楽しくなって踊ることができた。」「また機会があれば体験したい。」「難しかったけど楽しく運動できた。」という声が聞かれました。本格的なエアロビクス体験は、生涯スポーツを意識するよい機会となりました。今回は地域交流として地域の方にも参加していただき、一緒に楽しく身体を動かしました。

万葉小学校との第1回学校間交流

9月13日(木)10時から、万葉小学校の6年生児童が来校し、学校間交流を行いました。

徒歩で来校した児童は、本校1学年の4つの作業学習を見学し、環境班ではさらにウインドスクイジーを使った窓清掃の体験も行いました。児童にとっては初めて使う道具でしたが、環境班の生徒が行った見本や優しい伝え方が、スムーズな作業の後押しになったようです。また、流通・福祉班では作業内容や作業する上で大切なことについて生徒が説明したり、受注班ではパソコン分解、食品加工班では製パン作業に、専用の器具等を使って集中して取り組む様子を見てもらったりしました。万葉小学校の児童らは、説明を聞きながらノートにびっしりとメモしたり、作業の様子に見入ったりしていました。また、たくさん質問もしてくれました。

今回の交流は、本校1学年の生徒にとっても、大変良い体験になりました。

    

 

進路だより

進路だより「フロンティア」をupしました。

進路だより「フロンティア」第4号

WordPress Themes