PTA親子ボランティア活動

PTA総務委員会の企画による親子ボランティア活動が、10月14日(土)午前9時から約2時間行われました。21日(土)の文化祭に向けて、学年に分かれて、体育館や渡り廊下の清掃、会場のシート敷きなど、準備と清掃をしてもらいました。普段の清掃では手が回らない箇所の清掃やすす払いをしていただき、体育館や渡り廊下が輝いて見えるくらいきれいになりました。お忙しい中、参加してくださった66名の方々、ありがとうございました。

 

1学年・第1回トライアル就業体験

1年生の第1回トライアル就業体験が、9月28日から10月4日まで行われ、生徒それぞれが課題や目標を意識して取り組みました。

 

 

 

 

 

 

 

 

流通関連の体験先では、商品の梱包や品出しなどの商品管理の業務を体験させていただきました。

 

食品関連の体験先では、袋詰めや調理用具の洗浄などの業務を体験させていただきました。

 

製造業関連の体験先では、製品の箱詰めや検品などの業務を体験させていただきました。

 

環境関連の体験先では、製品の分解・分別の業務などを体験させていただきました。

 

福祉関連の体験先では、余暇活動の補助や食事の配膳などの業務を体験させていただきました。

 

生徒からは「仕事が難しくて大変だったが、だんだん慣れてきて、正確性や作業速度が上がった。」「職場の方に働きぶりを認めてもらえ、うれしかった。」「自分の課題がよく分かった。」などの感想が聞かれました。
体験の様子は、各自がパワーポイントの資料にまとめ、10月21日(土)の文化祭で発表します。

今回の体験により、生徒たちは働くために何が必要かということを身をもって体験することができました。そこから得た課題をこれからの学校生活で改善していき、進路選択に役立てていきたいと思います。

体験を受け入れていただいた事業所の皆様、ありがとうございました。

 

校外学習(保健体育)スポーツドーム・エアーズ見学 3年生

9月29日(金)に3年生の保健体育の授業でスポーツドーム・エアーズに施設見学に行きました。「学校健康づくり運動推進授業」の一環として生涯にわたる健康の保持・増進を目指し、卒業後も自己管理ができるようにと、今回の施設見学を計画しました。先週はスポーツドーム・エアーズからインストラクターの橋本さんに特別講師として来校していただき、エアロビクスを通して身体を動かす楽しさ、大切さを教えていただきました。今回は地域の施設の活用ということで、橋本さんの案内で実際に施設を見学させていただきました。

 

    

 

 

 

 

 

 

 

生徒からは「テニスや水泳以外のスポーツができることがわかり驚いた。将来働いて、時間に余裕ができてきたら行ってみたい。」「家からも近いので卒業後に利用してみたいと思った。」などの感想があり、卒業後の”健康の自己管理”への関心が高まったようです。

健康は、勉強はもちろん働く上でも大事なことなので、この体験を生かして自身の健康管理に役立てて欲しいです。

1学年 職場見学

9月5日(火)、8日(金)に、1学年の職場見学を行いました。自分の進路を考える際の一助とすることを目的に、ものづくり、流通、環境、福祉の4分野の企画見学を毎年実施しています。

今年の研修地は、「アルビスクリーンサポート株式会社」「コストコホールセールジャパン株式会社 射水倉庫店」「立山電化工業株式会社」「社会福祉法人射水万葉会 特別養護老人ホーム 二上万葉苑」でした。

生徒たちは、熱心にメモをとりながら、実際に職場の様子を見学したり、質問をしたり、仕事の体験をさせて頂いたりしました。

将来の自分の進路を考える、よい体験となりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

流通・福祉班「外部講師による授業」

9月26日(火)に流通・福祉班の2・3年生を対象に「外部講師による授業」を行いました。

講師として高岡市社会福祉協議会ホームヘルパーステーションの山岸由美子さんと中田依里さんにご来校いただき、食事介助と水分補給介助について学びました。

生徒たちは、利用者の方が使いやすいように工夫された食器や介護用スプーンを実際に触り、感心していました。食事介助では、ペアを組んで利用者役と介助者役の両方を体験し、とろみのついたお茶やゼリーの試食をさせていただきました。「利用者さんそれぞれに合わせて、介助の方法を工夫することが大切だと分かりました。」「今回学んだことを次の就業体験に生かしたいです。」といった感想が聞かれました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

障害者スポーツ大会(フライングディスク競技会)

9月24日(日)晴天の下、富山県障害者スポーツ大会(フライングディスク競技会)が行われ、9名の生徒が参加しました。

結果は、体育大会や体育の授業で経験を積み重ねたこともあり、アキュラシーやディスタンスの競技で4名の生徒が1位を獲得し、2位,3位入賞、敢闘賞受賞と多くの生徒が健闘しました。アキュラシー競技では、10投中10投通過する生徒、ディスタンス競技では、40m以上投げた生徒もいました。

自分の競技だけでなく、応援にも力が入り、大いに盛り上がった大会になりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

流通・福祉班 「校外作業学習」

9月22日(金)に1年生の流通・福祉班6名が、「特別養護老人ホーム 二上万葉苑」において校外作業学習を行いました。

二上万葉苑では2グループに分かれ、それぞれ異なるフロアの車椅子を清掃しました。実際に使われている車椅子を清掃するのは初めてで、最初は汚れを落とすのに苦労していましたが、少しずつきれいになっていくと「利用者の方のためにもっとピカピカにしたい」、「時間ギリギリまできれいにする」と意欲的に作業に取り組んでいました。また、清掃だけでなく施設の方への挨拶でも、学習の成果を生かすことができました。

普段の学校での学習と違い、実際に誰かのために働くという経験をすることができ、流通・福祉班として大変に意味のある学習になりました。

外部講師による授業「エアロビクス」

9月22日(金)の5限・6限、3学年「保健体育」の授業で、スポーツドームエアーズの橋本康朗さんを講師に招き、「エアロビクス」を行いました。

まず、基本的なステップの練習で体を軽く動かしてから、音楽を流してエアロビクスに挑戦しました。

講師の動きを見ながら、音楽に合わせて前後左右に体を動かし、45分間みっちりとエアロビクスに取り組みました。様々なステップや面白い振り付けを交えた45分間はあっという間で、生徒たちは真剣に、また楽しそうに体を動かしていました。

生徒からは「疲れたけど楽しかった」、「また機会があればやりたい」などの感想が聞かれました。

校外作業学習

9月19日(火)に流通・福祉班の2、3年生8名が二上あいの風において校外作業学習を行いました。

二上あいの風では、前半は2つの部屋に分かれて体操や利用者さんとの個別レクリエーション、後半は全体でレクリエーションをさせていただきました。生徒たちは、利用者さん一人一人とコミュニケーションをとったり、この日に向けて準備してきたゲームや歌を利用者の方の前で生き生きと発表したりしていました。生徒からは、「利用者の方も一緒に歌ってもらえて嬉しかった」「次回はもっと伝わる声で発表したい」などの感想が聞かれました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

薬物乱用防止教室 1年生

9月20日(水)3限に1年生を対象に富山県高岡警察署生活安全課少年警察補導員の青山泰司さんをお招きして、薬物乱用防止教室を行いました。

DVD「ドラッグの悲劇」を視聴し、青山さんからは薬物の害や薬物乱用者の実際の話を聞きました。

「これくらいならいいだろうという甘い考え方が、将来人間を犯罪者にしてしまう」「ダメなことはダメと言える強い心を持ち、自分を守り他人のことを傷つけず、当たり前のことができる人間になって欲しい」と言われた言葉が印象的でした。

薬物乱用防止パネルの説明を受け、放課後まで掲示されたパネルで振り返りをしました。

生徒からは「薬物の乱用は自分の未来を失ってしまう恐ろしいものなので絶対にしない」「1回でも使用すれば元の生活には戻れなくなるので強い心をもちたい」などの感想が聞かれました。

今回の薬物乱用防止教室で学んだことを今後も継続して指導していきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

WordPress Themes